スタッフ紹介
INTERVIEW

d02-1-01

納谷真理子
データ製作部 取締役部長
1997年入社

「自分は何に向いているの?」
「やりがいとは?」
エーエスシーはその答えが見つかる会社

現在のお仕事の内容は?

街で見かける「不動産屋さんの店頭にある賃貸や売買の広告図面」を製作する部署の責任者をしています。 業務の流れは、まず、不動産会社からいただいた原稿を基に専用のCADで作図し、同時に、インターネットへ公開するためのデータを入力します。また、不動産会社と直接電話でお話ししながら、より良い図面への提案を行っています。そして、でき上がった図面をオンデマンド印刷し、スピーディに不動産会社にお届けしています。 スタッフは、社内、外注含め120名。20代から60代まで幅広い年齢層の様々な人で個性と能力を活かしたダイバーシティを実現しています。

納谷真理子

お仕事で一番やりがいを感じるのはどんなところですか?

お客様に、製作した図面を喜んでいただけたときや、図面を見て契約が整ったとお聞きしたときです。また、スタッフが経験を積んでよりよい運用への工夫ができたとき、新しいことを習得したとき、また、その経験や知識が後輩へと受け継がれているのを認識できたときにやりがいを感じています。

今までに習得した技術(CAD・Adobe・開発言語など)はありますか?

一番重要なものは専用CADです。このCADは時代によってリニューアルされており、その都度新しいシステムを習得しました。また、Illustrator・ Photoshopやネットワークについても学びました。 技術ではありませんが、社会人として、大人として、人の上に立つ者としてのスキルなどもたくさん学びました。

納谷真理子

どんなとき、エーエスシーに入社してよかったと思いますか?

入社したきっかけは、一枚の新聞広告の求人欄でした。小1・小4・小6の3人の子育てに追われていた中で、自宅から自転車で5分というアクセスの良さが大きな魅力でした。 9時から13時までの4時間勤務、それが20年前のスタートでした。持っていた資格は、「ワープロ検定3級」。パソコンの電源を入れることさえ指が震えました。 子育てと家事をこなしながら働くのは大変です。何度も涙を流して、何度も辞めようと思いました。 その度、ずっと支えてくれたのがエーエスシーです。自分では想像もできなかった可能性を見い出し、教え導いてくれました。「今の自分がここにある」と感じたときはいつも、エーエスシーに入社して良かったと思います。

エーエスシーでこれからチャレンジしたいお仕事は何ですか?

エーエスシーに入社して習得したこと、良かったこと、もう一歩だったこと、すべてを次の世代に伝えたい。そして、この会社で自己実現をしてもらいたいと思います。

d02-1-04

就職活動中の方へ向けて、このお仕事のおすすめポイント(魅力)を教えてください。

子育て中の方、主婦の方、家事と仕事を両立しながら一緒に自分を高めていきませんか? 「自分は何に向いているの?」「やりがいとは?」そんな答えが見つかる会社がエーエスシーであると私は実感しています。